けりなさんは癒されたい

~柴系雑種犬の4コマ漫画がメインのブログです~

<第1話> サクラ、愛想を振りまく

<4コマ漫画>

SAKURA

第1話

f:id:Kerina:20200620230931j:plain

f:id:Kerina:20191211130429j:image

f:id:Kerina:20191211130612j:image

f:id:Kerina:20191211130622j:image

f:id:Kerina:20191211130631j:image

SAKURA第1話をお届けしました。いかがでしたか?

ちなみに、全てのネコも自分の事が好きだと思っています。ナルシストか。

でも鳥を見かけると狩猟本能が目覚めて飛びかかって行きます。まぁ当然、鳥の方が一枚上手なので、サーっと飛び立たれた後、切なそうにけりなさんを見つめてきます。その時ばかりは、見なかったフリをしてあげますw

 

\ TVで紹介されました! /
写真を送るだけ!3Dペットショップ

 

サクラの生い立ち 前編

サクラは、当時どこにでもいるいわゆる「野良犬」でした。

人懐こい性格で、通りかかる人全てにもふもふされていました。

「でもその内、見かけなくなるんだよな‥」

そう、誰かが保健所に連絡をしたら、保健所のひとが連れ去ってしまいます。小さい頃に野良犬が連れていかれる場面をみていたわたしは、愛想をふりまく可愛い子犬を遠くからただ、見ていることしかできませんでした。(注:当時、保護団体の存在はまだ一般的ではありませんでした)

そんなある日、その子犬はうちの庭へ入ってきました。

わたし以外、家族は犬も猫も苦手でした。庭で鯉を飼っていて、時々ネコに持っていかれたからかも知れません。

こっそり、見つからないように、ミルクをあげました。(注:当時は犬に牛乳は駄目とか知らなかったんです汗)

するとその子犬は、昼間は町の小学生とかけっこをして遊び、お腹が空くとうちの庭に来るようになってしまったのです。なんてあざとい頭いいな、オイ。

困ったわたしは、家にあるものを家族に見つからないようにあげました。

すると当然のように、一日二回、定期的にうちの庭へ現れるようになり、安全な場所だと思ったのか寝泊まりまでするようになりました。

すると、どうなるか。

「小野(←うち)さん家、あの子犬を飼ってるみたいよ」

「あ、小野さ~ん!お宅の犬が○○さんの家に入っていったわよ~」

数日で「あの野良っぽい子犬は小野さん家の犬」説がご近所にあれよあれよという間に広まってしまったのです。ふふふ。田舎こわい。

そこで、家族会議が開かれました。

「ネコではないし、犬なら番犬になるのではないか。」

父の鶴の一声で全てが決まりました。

↑ 番犬て。また昭和な発言だな。平成ではあったけど笑

(長くなってしまったので、次回、後編へ続きます‥)

 

 

個人(個犬)情報保護のため、地名・人名等フィクションが入りますが、サクラのセリフはノンフィクションとなっております。

 

面白かった!という方、

↓サクラにタッチしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
にほんブログ村

※にほんブログ村にリンクします。

 

Twitterでの感想もうれしいです。

(FF外のリプ大歓迎です!!)

 

今後ともよろしくお願いいたします♪

けりな(@kerina_blog)がお送りしました☆

 

SAKURA第2話を読む↓

www.kerina-to-sakura.com