けりなさんは癒されたい

~柴系雑種犬の4コマ漫画がメインのブログです~

【レビュー】もうダメかな?と諦める前にクレ5-56をシュッして欲しい

こんにちは!けりな(@kerina_blog)です。

今回は「コレもう買い替えなくちゃいけないかな‥」と思いがちなモノに「クレ5-56」で再度命を吹き込もう!という口コミ情報です。お役に立てたら嬉しいです。

引き出し開かない問題

私がクレ5-56を知ったのは、若かりし頃、事務員として働いていたときのことです。

そこは書類ベースの保管が多く、また出し入れも多いので、デスクの後ろにキャビネットがズラリと並んでいました。

キャビネットは金属でできている上、中には書類がギチギチに入っています。そしてその大事な書類が燃えないように、耐火式である事も関係あるのかないのか知らないですけど、とてもとても重いのです

 そして1カ所、とても調子の悪い引き出しがありました

鍵を開け閉めするときに、引き出しの取っ手を少し上に上げないと、きちんと鍵が鍵穴に入らないことに加え、引き出す時も、ちょっと上に上げてから引き出さないと、何か引っかかるような感じがして、とにかくとても開けるのが大変でした

「そんなキャビネット、買い替えなよ」と思われるかもしれませんね。わたしもそう思いますし、提案もしてみました。しかし保管用キャビネットは、めちゃくちゃ高いのです。

「ちょっと頑張れば使える」ものは、買い替えの必要がないというのが、普通の会社の考え方なのです。

 

とある日、いつものように「んぁあああ!」とオッサンのような声を出しながら、その重い引き出しを開けていると、別部署の上司が声をかけてきました。

「クレ5-56使う?」と。

 

くれごーごーろく‥?なにそれ暗号?

 

と一瞬ポカンとして、でも正直に

「え、すみません‥なんですかそれ?」と私が返すと、上司はその謎の文言の書いてある筒を持ってきてくれました。

f:id:Kerina:20200630065234j:plain

こ‥これがクレ5-56‥だと‥?

「これをさ、こうしてさ。」

何やら引き出しの奥に向かってシュッシュッ

「鍵も、かけづらいんだっけ?」

鍵穴に細いノズルを当ててシュシュッ

何回か引き出しを出し入れした後

「ハイ終わり。」

‥なんという事でしょう‥

あんなに、あんっなに重かった引き出しが、重力が10分の1になったのかしらと思うほど軽くなっています。あまりに軽すぎて、引き出す際に勢い余って引き出しがお腹に当たって「グフッ」となったほどです。

鍵も、スッと入ってガチャって。

 

「えっ、魔法〜〜!?ありがとうございました!」とその上司にお礼を言い、振り返って直属の上司に「クレ5-56って凄いですね!」と話すと「うん、あそこの引き出しに入ってるから、勝手に使ってイイよ(にっこり)」と。

 

いや、あるの知ってたんかい!!

 

CMじゃないですけど

「それ、早く言ってよ‥」です。

引越しの際の断捨離お悩み問題

先日お話ししたように、わたしは最近引越しをしました。

www.kerina-to-sakura.com

引っ越しをする際には「大規模な断捨離をする」というのが私の信条なのですが、その際、ティファールの取っ手を捨てるかどうするか悩みました。

その取っ手は、鍋に付ける時は良いのですが、外す時に固くてちょっとコツが必要なのです。
「新しいの、買っていいよ」と夫は言ってくれますが、あきらめの悪いけりなさんは、そのまま取っ手をもっていくことにしました。(断捨離の信条はどうした)

しかし、後にこれは正解だったと知ることになります。

引っ越しが落ち着いた後、たまたま自転車のブレーキ音が気になったので、油を差すためクレ5-56を使いました。

そのまま玄関のシューズクロゼットにしまおうとしたその時。

思い立って、ティファールの取っ手の奥に向かって、シュッシュしてみたのです。

‥なんという事でしょう‥

あんなに固かった開閉部分が、まるで新品のようにするすると開け閉めできるようになりました。

夫に報告すると「えっ、もう新しいの買っちゃったんだけど‥まぁいいか。2つあると便利だし。」と言ってくれました。(優しい)

KURE5-56の名前の由来

5-56を最初に開発したのは、アメリカの自動車関連&生活関連用品のメーカーCRCインダストリー。

CRC社創立時の所在地番号が1-16だった事から最初に開発された製品が1-16、2番目が2-26という品名になり、5番目に開発されたため商品名が「5-56」。

その後5-56を呉工業が導入したので、ブランド表記が「KURE 5-56」や「KURE CRC5-56」になったとの事です。

KURE55-6の用途

「自動車、オートバイ、自転車、電気製品、スポーツ用品、電動工具、精密機械、工作機械、計器類、戸車、ヒンジなどの金属部分の防錆・潤滑・清浄・防湿」と書いてあります。

ヒ、ヒンジって何‥?と思いませんか?

わたしは気になったので調べました。

(けりなさんは気がそれやすい)

ヒンジとは!簡単に言うと「蝶番(ちょうつがい)」の事でした。なるほどね。

KURE55-6の力はそんなものじゃない

 いやいや、ちょ待って!

そんなもんじゃないんですよ。そんな簡単に用途を説明して欲しくはないのですよ。

「金属部分の潤滑・清浄」ってサラッとかいてありますが、コレだけでもすごいことなのです。

先に申し上げたように「ティファールの取っ手の金属部分」を始め、

「玄関の鍵穴」

「自転車の鍵穴・チェーン部分」

「たてつけの悪い引き出し」

「キーキー言い出したドアの蝶番」

「古い窓の開閉の接触部分」

どんどん出てきます。もう、金属部分で軋んでいる所や、滑りが悪いと困る部分には全てKURE55-6だけで解決!です。

 特に「玄関や自転車の鍵穴」

ココをKURE55-6で数か月に一回シュッするだけで、玄関の開け閉めがスムーズになるだけでなく、鍵が鍵穴の中で擦れて削れたり歪んでしまう現象も予防できるのです。

本当、おススメです!

「たかが‥」なんて言わないでくださいね。

結構お高いですよ、ティファールの取っ手(震え) 

モノに命を吹き込むKURE55-6

「捨てようか迷ったけど復活した」という意味で「モノを命を吹き込む」と書きましたが「物そのものの命を長くする」という意味でもクレ5-56はとてもとても優秀だと思うのです。

 

 

いつも応援ありがとうございます。

Twitterで感想いただけると尚うれしいです!

(FF外のリプ大歓迎です!!)

最後まで読んでいただきありがとうございました♪